プロフィール

水田尊久

Author:水田尊久
http://www.takao.asia/
2000年渡韓、2012年末までサムスンに勤務、約四半世紀のエンジニア生活の後、2013年に韓国で法人を設立し独立。技術コンサルティングを中心に、韓国進出支援、市場調査など、韓国を中心に活動しています。

<韓国:先端素材>「編み物」を使ったウエラブルロボット技術

韓国の研究チームが「編み物」を使ったウエラブルロボット技術を考案しました。


ソウル大学機械航空工学部のアン・ソンフン教授の研究チームは、電流や熱に反応する形状記憶合金を糸状にして、これを用いて編み物のように形を作り、着ることができるウエラブルロボット技術を開発しました。

この技術を用いると、兵士の長距離行軍を補助する「ランニングロボット」も、現状のように、電気装備をたくさん付属させることなく、スポーツウェアのような姿に変えることができます。

アン・ソンフン教授は、「体温に、継続的に反応するため、着ている間は電力の供給なしに使用できる」と述べています。
(出所:韓国・MBC、2017年4月12日付け内容)
www.takao.asia
にほんブログ村 ニュースブログ 科学ニュースへ

THEME:ものづくり | GENRE:ビジネス |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

お名前:
メール:
件名:
本文:

韓国伝統工芸
QRコード
QR