プロフィール

水田尊久

Author:水田尊久
http://www.takao.asia/
2000年渡韓、2012年末までサムスンに勤務、約四半世紀のエンジニア生活の後、2013年に韓国で法人を設立し独立。技術コンサルティングを中心に、韓国進出支援、市場調査など、韓国を中心に活動しています。

<韓国:IT>光で動作する「ナノワイヤ・トランジスタ」の開発

韓国の研究グループが、光で電気信号を制御できるトランジスタを開発しました。


科学技術情報通信部は、高麗(コリョ)大学物理学科のパク・ホンギュ教授の研究チームが多孔質シリコンの新たな電気的特性を発見し、これを利用した新概念のトランジスタを開発したことを明らかにしました。

多孔質シリコン内部には、直径が数ナノメートル(1ナノメートル=10億分の1メートル)の穴が無数に空いており、通常は電流がよく流れません。

研究チームは、多孔質シリコンに光を照射することによって、電流の流れが極端に増幅(1000万倍以上)される現象を確認しました。

この現象を利用し、シリコンナノワイヤーに多孔質シリコン2個を入れてトランジスタを作製し、トランジスタの論理回路を実装することに成功しました。論理回路はコンピュータの演算装置や制御装置などの基本となる回路です。

さらに研究チームは、多孔質シリコンをナノワイヤの中に入れる手法を用い、光に敏感なナノワイヤ・トランジスタを製作しました。これは弱い光信号を電気信号に変える「光検出器」として利用することができます。

ナノワイヤだけで、電子機器を製作することができるので、電子機器の設計と製造工程が単純化できるというのが研究チームの説明です。

パク教授は「高解像度カメラや、光を用いて高速な計算を実行する新概念のコンピュータ開発などに適用できるものと期待している」と述べています。

今回の研究成果は「Nature Nanotechnology」2017年8月8日号に掲載されました。
(出所:韓国・聯合ニュース、2017年8月21日付け内容)
www.takao.asia
にほんブログ村 ニュースブログ 科学ニュースへ

THEME:ものづくり | GENRE:ビジネス |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

お名前:
メール:
件名:
本文:

韓国伝統工芸
QRコード
QR