プロフィール

水田尊久

Author:水田尊久
http://www.takao.asia/
2000年渡韓、2012年末までサムスンに勤務、約四半世紀のエンジニア生活の後、2013年に韓国で法人を設立し独立。技術コンサルティングを中心に、韓国進出支援、市場調査など、韓国を中心に活動しています。

<韓国:IT>ウエラブルOLEDディスプレイの開発

韓国の研究チームが、繊維素材をベースにした、明るさと柔軟性を両立するディスプレイの製造技術を開発しました。


KAIST(韓国科学技術院)のチェ・ギョンチョル教授の研究チームが、生地と有機発光ダイオード(OLED)を結合し、布のように曲けることが可能なディスプレイを開発しました。

既存のフレキシブルディスプレイは、プラスチック基板ベースで製作されるため、柔軟性を高めるために、基板の厚さを薄くすると、簡単に破損するなど、耐久性に問題が生じます。

一方、生地の場合、数マイクロメートル(1マイクロメートル=1000分の1ミリ)の厚さの繊維複数本から成っており、高い柔軟性と耐久性を有しています。

研究チームは、生地が有する特徴に着目し、生地の上に、真空熱蒸着プロセスを用いてOLEDを蒸着した後、水分と酸素の浸透を防ぐ多層薄膜形成処理を施しました。

こうしてできた生地型OLEDは、従来のOLEDと同様の輝度水準を維持し、1000時間以上動作することが確認されました。

チェ教授は「今回の技術を応用すれば服のように心地よいウェアラブルディスプレイを作ることができる」とし、「映画で見られる半永久的な電子新聞だけでなく、帯やタオル形状の光治療機器などを作る事もできるだろう」と述べています。

今回の研究成果は「Scientific Reports」に掲載されました。
(出所:韓国・ソウル新聞、2017年8月25日付け内容)
www.takao.asia
にほんブログ村 ニュースブログ 科学ニュースへ

THEME:ものづくり | GENRE:ビジネス |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

お名前:
メール:
件名:
本文:

韓国伝統工芸
QRコード
QR