プロフィール

水田尊久

Author:水田尊久
http://www.takao.asia/
2000年渡韓、2012年末までサムスンに勤務、約四半世紀のエンジニア生活の後、2013年に韓国で法人を設立し独立。技術コンサルティングを中心に、韓国進出支援、市場調査など、韓国を中心に活動しています。

<韓国:先端素材>紙ベースのマイクロ流体チップ

韓国の研究チームが、紙ベースのマイクロ流体チップを開発しました。


韓国研究財団は、ソウル大学のヒョン・ジンホ教授の研究チームが、紙ベースのマイクロ流体チップを開発した事を明らかにしました。

マイクロ流体システム技術は、マイクロメートル(100万分の1メートル)オーダーで、流体の「流れ」、「熱伝達」、「物質移動」などを制御するもので、妊娠診断、蛋白尿検査、マラリア検査、自己診断キットなどの医療産業だけでなく、有毒ガスの検出、重金属イオン検出などの環境分野にまで広く応用されています。

研究チームは、ハイドロゲル状のセルロースナノファイバー(CNF)を3Dプリンティングの支持材料として利用し、そこにワセリンインクで3次元のチャンネル構造を印刷。その後、支持材料のCNFを乾燥させ、ワセリンを除去することにより、流体が流れる紙ベースの透明で柔軟性の高い3次元マイクロ流体チップを開発しました。セルロースは紙の原料です。

研究チームによると、今回開発した紙ベースのチップは、接合や組み立てを行うことなく、内部に様々な構造を3次元的に実装・集積化させることができます。

また、開いたチャンネル構造のため、流体がチャンネル内に留まることなく、試料の損失も最小限に抑えることができ、パルプ繊維とは異なり、光学的透明性を持つため、チャンネル内部と流体の移動を目で確認することが可能になっています。

今回の研究成果は「ACS Applied Materials & Interfaces」2017年7月24日号に掲載されました。
(出所:韓国・産業日報、2017年8月26日付け内容)
www.takao.asia
にほんブログ村 ニュースブログ 科学ニュースへ

THEME:ものづくり | GENRE:ビジネス |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

お名前:
メール:
件名:
本文:

韓国伝統工芸
QRコード
QR