プロフィール

水田尊久

Author:水田尊久
http://www.takao.asia/
2000年渡韓、2012年末までサムスンに勤務、約四半世紀のエンジニア生活の後、2013年に韓国で法人を設立し独立。技術コンサルティングを中心に、韓国進出支援、市場調査など、韓国を中心に活動しています。

<韓国:生命科学>脳の神経回路網を研究室で培養

韓国の研究チームが、複雑な神経回路網が繋がった脳組織を、細胞培養に用いられる生体材料(主にヒトの生体に移植することを目的とした素材)内で具現化する技術を開発した。


韓国科学技術研究院(KIST)外科研究所のチェ・ナクウォン博士とホ・ウンミ博士の共同研究チームが、コラーゲン繊維を特定の方向に整列させる技術を開発し、神経細胞を3次元配向(立体的に整列)したときに細胞体が成長する方向をコントロールすることに成功しました。

研究チームは、この技術を用いて、海馬内で学習と記憶を担当するCA3、CA1から抽出した神経細胞が、「整列したコラーゲン繊維」に沿って分化・成長し、シナプスを形成する神経回路網を再構築する事を確認しました。

また、この神経ネットワークが構造的な接続だけでなく、機能的にも接続されていることを実験的に証明しました。

チェ博士は「正常な神経回路網だけでなく、アルツハイマー病、パーキンソン病などの異常な状態の神経回路網の再構築にも用いることができる」とし、「今回の技術を患者由来の幹細胞技術と融合すれば、様々な脳疾患障害と、神経回路網の機能障害との関連性を理解するのに一歩近づくことができる」と語っています。
(出所:韓国・IT Chosun、2017年2月13日付け内容)
(参考:wikipedia)
www.takao.asia
にほんブログ村 ニュースブログ 科学ニュースへ

THEME:ものづくり | GENRE:ビジネス |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

お名前:
メール:
件名:
本文:

韓国伝統工芸
QRコード
QR