プロフィール

水田尊久

Author:水田尊久
http://www.takao.asia/
2000年渡韓、2012年末までサムスンに勤務、約四半世紀のエンジニア生活の後、2013年に韓国で法人を設立し独立。技術コンサルティングを中心に、韓国進出支援、市場調査など、韓国を中心に活動しています。

がん診断物質を破壊せず分離する技術

韓国の研究チームが、がんの診断物質を破壊することなく分離する技術を開発しました。


ソウル大学次世代融合技術研究院のキム・ソンフン教授の研究チームが、がんの診断物質である「エキソソーム(exosome)」の生体粒子を破壊することなく分離する技術を開発しました。

エキソソームは細胞から分泌される100ナノメートル(10億分の1メートル)程度の大きさの生体粒子で、分泌細胞のタンパク質と遺伝情報などを含んでいます。特にがん細胞の増殖、転移などに関与するため、がんの診断物質として注目されています。

しかし、既存のエキソソーム分離法は、生体粒子に損傷を与える問題がありました。

この問題を解決するため、研究チームは、マイクロ流体分離技術を用いたシステムを開発し、完全な形のエキソソームを分離する事に成功しました。

キム教授は「今回開発されたシステムは、エキソソームを破壊することなく高速に分離することができ、医療分野で広く活用が可能」と述べています。

今回の研究成果は「Scientific Reports」に掲載されました。
(出所:韓国・聯合ニュース、2017年9月6日付け内容)
www.takao.asia
にほんブログ村 ニュースブログ 科学ニュースへ

THEME:ものづくり | GENRE:ビジネス |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

お名前:
メール:
件名:
本文:

韓国伝統工芸
QRコード
QR