プロフィール

水田尊久

Author:水田尊久
http://www.takao.asia/
2000年渡韓、2012年末までサムスンに勤務、約四半世紀のエンジニア生活の後、2013年に韓国で法人を設立し独立。技術コンサルティングを中心に、韓国進出支援、市場調査など、韓国を中心に活動しています。

<韓国:先端素材>発電と発光が可能なバッテリー

韓国の研究チームが、太陽光を利用した発電と、発光が同時に可能な「発光電池」の開発に成功しました。


蔚山(ウルサン)科学技術院のキム・ジンヨン教授の研究チームが、光を電気に変える太陽電池と、電気を光に変える発光素子(LED)の機能を統合した「発光電池」の開発に成功しました。

太陽電池は、電荷が取り出され電気が発生しますが、LEDは電荷が注入され光が発生します。構造と製作工程は似ていますが、動作原理が異なるため、これまで、両者を統合する研究は不足していました。

研究チームが開発した発光電池には、光エネルギーの吸収と発光が共に可能なペロブスカイト(不導体・半導体・導体の性質を備えた金属酸化物)を使用した複合機能性素子が用いられています。研究チームは、新たな複合機能性素子を「ペロプトロニック素子(Peroptronic device)」と名付けました。

既存のシリコンを用いた電子素子に比べ、製造工程がシンプルで、製造コストが安いことが特徴です。

キム教授は、今回の研究成果と関連して「太陽電池と発光素子を、単一構造で全て実装させた次世代の革新素子の開発」とし、「今回の光素子技術の統合で、エネルギー分野にパラダイムシフト(が起きる事)を期待する」と述べています。

今回の研究成果は「Energy&Environmental Science」2017年8月10日号に掲載されました。
(出所:韓国・inews24、2017年9月6日付け内容)
(参考:wikipedia)
www.takao.asia
にほんブログ村 ニュースブログ 科学ニュースへ

THEME:ものづくり | GENRE:ビジネス |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

お名前:
メール:
件名:
本文:

韓国伝統工芸
QRコード
QR