プロフィール

水田尊久

Author:水田尊久
http://www.takao.asia/
2000年渡韓、2012年末までサムスンに勤務、約四半世紀のエンジニア生活の後、2013年に韓国で法人を設立し独立。技術コンサルティングを中心に、韓国進出支援、市場調査など、韓国を中心に活動しています。

<韓国:医療>中枢神経系再生時の水疱防止ハイドロゲルの開発

韓国の研究チームが、中枢神経系損傷後の水疱の発生を抑制するハイドロゲルを開発しました。


医工学研究所生体材料研究団のソン・スチャン博士の研究チームが、亜洲(アジュ)大学のキム・ビョンゴン教授の研究チームと共同で、中枢神経系損傷後に発生する水疱(嚢胞性空洞)の生成を抑制する注入型ハイドロゲルを開発しました。

このハイドロゲルは、免疫細胞をゲル内に留め水疱の生成を抑制する働きをします。これによって、神経細胞を2次損傷から保護して神経系の再生を助けます。

研究チームは、温度感応性物質「ポリホスファゼン(polyphosphazene)ハイドロゲル」を用いました。この物質は、常温では液状を維持し、体温で固形ゲル変わります。

マクロファージ(白血球の一種。生体内に侵入した細菌などを捕らえ、細胞内で消化)を効果的に捕捉する物質をハイドロゲルに導入し、ハイドロゲル内部にマクロファージが効果的に留まるようにしました。その後、細胞外基質タンパク質がハイドロゲルの部位を満たし、組織欠損を埋めます。

ソン博士は「生体適合性に優れ、水疱を効果的に防ぎ、2次神経病性を食い止め、患者の症状を緩和することができる」とし、「他の組織再生因子と一緒に用いると、神経病性の抑制を越えて、神経再生を誘導するシステムとして用いる事ができる」と述べています。

今回の研究成果は「Nature Communications」に掲載されました。
(出所:韓国・電子新聞、2017年9月28日付け内容)
(参考:welbo辞書)
www.takao.asia
にほんブログ村 ニュースブログ 科学ニュースへ

THEME:ものづくり | GENRE:ビジネス |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

お名前:
メール:
件名:
本文:

韓国伝統工芸
QRコード
QR