プロフィール

水田尊久

Author:水田尊久
http://www.takao.asia/
2000年渡韓、2012年末までサムスンに勤務、約四半世紀のエンジニア生活の後、2013年に韓国で法人を設立し独立。技術コンサルティングを中心に、韓国進出支援、市場調査など、韓国を中心に活動しています。

<韓国:化学>高分子のリアルタイムモニター技術

韓国の研究チームが微細な高分子の動きをリアルタイムで観察することに成功しました。


基礎科学研究院(IBS)先端延性物質研究団のSteve Granick団長(蔚山<ウルサン>科学技術大学自然科学部特聘教授)の研究チームが、有機高分子(Polymer)の動きをリアルタイムで観察する事に成功しました。

研究チームによると、生体中の信号物質・DNA・タンパク質などは高分子からできていますが、それら重要な要素がどのように動くのか、相当部分が明らかにされていませんでした。

生体内と同様の液体環境で高分子を観察するためには、電子顕微鏡を用いる必要がありますが、装置内部が高真空状態のため、液体が蒸発してしまう事が原因でした。

この問題を解決するため、研究チームは二枚のグラフェンの間に高分子が入った液体層をサンドイッチのように挟み、グラフェンで包み込む手法「液体グラフェンセル(liquid graphene cell)」を用いました。

この方式を用いると、電子顕微鏡の中でも水分が蒸発する事なく、強力な電子ビームによる試料への損傷も減らす事ができます。

まず、透過電子顕微鏡(TEM)内部で、試料の下に3~5枚重ねのグラフェンシートを一枚敷き、その上に試料となる高分子が入った液体を乗せ、その上を2重のグラフェンで覆います。これによって、グラフェン同士が強く張り付き、液体が内部に閉じ込められます。

内部に閉じ込められた高分子は、グラフェンシートが透明なため、そのまま動きを観察することが可能になります。

研究チームは「高分子は、タンパク質・酵素・DNAだけでなく、プラスチックをはじめとする産業に広く適用されているため、今回の研究は、医療・産業界に貢献するものと期待される」と述べています。

今回の研究成果は「Advanced Materials」2017年9月19日オンライン版に掲載されました。
(出所:韓国・ニューシス、2017年9月20日付け内容)
www.takao.asia
にほんブログ村 ニュースブログ 科学ニュースへ

THEME:ものづくり | GENRE:ビジネス |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

お名前:
メール:
件名:
本文:

韓国伝統工芸
QRコード
QR