プロフィール

水田尊久

Author:水田尊久
http://www.takao.asia/
2000年渡韓、2012年末までサムスンに勤務、約四半世紀のエンジニア生活の後、2013年に韓国で法人を設立し独立。技術コンサルティングを中心に、韓国進出支援、市場調査など、韓国を中心に活動しています。

<韓国:先端素材>3Dプリンターで運転できる自動車を製作

韓国の研究チームが、3Dプリンターを用いて運転できる自動車を作りました。


蔚山(ウルサン)科学技術院(UNIST)機械航空及び原子力工学部のキム・ナムフン教授の研究チームが、3Dプリンターを使って電気自動車を印刷することに成功しました。

研究チームは、設計段階から3Dプリンターの特性を最大に活用し、様々な性質を持った異なった材料が混在した複合材料を一つのプリンターで印刷しました。また、印刷効率を最大に高める位相最適化(Topology Optimization)技術を用い、3Dプリンティングの際に不要な部分は印刷を省略しています。

今回開発された自動車の最大速度は時速30km、重量500kg、全長3.4m、全高1.5m、全幅1.4mです。

キム教授は、「3Dプリンターを用いて自動車を作り試運転することには成功したが、まだ改善すべき部分が多い」とし、「研究を継続的に行い、より高いレベルの3Dプリンティング技術を用いて完成した車を披露したい」と述べています。

(出所:韓国・東亜日報、2017年10月13日付け内容)
www.takao.asia
にほんブログ村 ニュースブログ 科学ニュースへ

THEME:ものづくり | GENRE:ビジネス |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

お名前:
メール:
件名:
本文:

韓国伝統工芸
QRコード
QR