プロフィール

水田尊久

Author:水田尊久
http://www.takao.asia/
2000年渡韓、2012年末までサムスンに勤務、約四半世紀のエンジニア生活の後、2013年に韓国で法人を設立し独立。技術コンサルティングを中心に、韓国進出支援、市場調査など、韓国を中心に活動しています。

<韓国:先端素材>フレキシブル電子素子用薄膜の製造法

韓国の研究チームが、次世代半導体素子用材料として注目されている「遷移金属ダイカルコゲナイド(TMDC)」を用いて、2次元半導体をセンチオーダーの大面積で合成する技術を開発ました。


韓国基礎科学支援研究院全州(チョンジュ)センターのチョン・ヒソク博士の研究チームが、米国セントラルフロリダ大学ナノ科学技術センターのジョン・ヨンウン教授チームとの共同研究を通じて、2次元薄膜の大面積合成技術を開発しました。

TMDCは次世代半導体素子の候補物質であるグラフェンに比べて、半導体としての性能が優れ、最近実用化に向けた研究が活発に行われています。

TMDCを商業的に利用するためには、大面積で高品質の半導体薄膜の製造技術が必要とされていましたが、1層の厚みが3原子分という薄いシート状構造を有するこの物質を、大面積で製造するのが困難でした。

研究チームは、金薄膜を被せた基板上に二硫化モリブデン(MoS2)、二硫化タングステン(WS2)、および二硫化モリブデン・二硫化タングステン異種構造のTMDC薄膜を合成した後、金薄膜の接合力を低下させる溶媒を使用してTMDC薄膜を分離する事に成功しました。

分離されたTMDC薄膜は、プラスチックや金属基板で半導体素子としての性能が確認されています。

チョン博士は「今回の研究結果は、二硫化モリブデンと二硫化タングステンの合成だけでなく、様々なハイブリッド化合物の合成にも適用することができる」とし、「これにより、フレキシブル電子素子、超軽量太陽電池、ウェアラブルデバイス、超高速・大容量のメモリ素子と高効率熱電素子を具現化する事もできる」と述べています。

今回の研究結果は「Nano Letters」2017年9月25日オンライン版に掲載されました。

(出所:韓国・ソウル経済、2017年10月16日付け内容)
(参考:日本ビフィズス菌センター/腸内細菌学会ホームページ用語集)
www.takao.asia
にほんブログ村 ニュースブログ 科学ニュースへ

THEME:ものづくり | GENRE:ビジネス |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

お名前:
メール:
件名:
本文:

韓国伝統工芸
QRコード
QR