プロフィール

水田尊久

Author:水田尊久
http://www.takao.asia/
2000年渡韓、2012年末までサムスンに勤務、約四半世紀のエンジニア生活の後、2013年に韓国で法人を設立し独立。技術コンサルティングを中心に、韓国進出支援、市場調査など、韓国を中心に活動しています。

<韓国:医療>光線力学療法を用いた膵臓ガン治療効果の向上技術

韓国の研究チームが、光線力学療法を用いた膵臓ガン治療効果の向上技術を開発しました。


ソウル聖母(ソンモ)病院消化器内科のチェ・ミョンギュ教授とパク・ジェミョン教授の研究チームが、光線力学療法を用いた膵臓ガン治療効果の向上技術を開発しました。

研究チームは、光線力学療法に広く用いられる光感受性物質である塩素を、生体に優しいポリマーナノ分子でコーティング(PEGylated Bio-pharmaceuticals)した後、膵臓ガン細胞に投与すると治療効果が高くなる事を明らかにしました。

光線力学療法は、ガン細胞を見つけだすよう設計された光感受性物質を患者に投与した後、光を照射しがん細胞のみを選択的に破壊する方法です。

しかし、特定の受容体(ABCG2)が活性化した膵臓ガンなどの患者は、ガン細胞の細胞膜運搬体が光感受性物質を細胞外に搬出するため治療効率が落ちます。

研究チームは、ポリマーナノ分子でコーティングした光感受性物質(PS-Pnp・photosensitizer-encapsulated polymeric nanoparticle)を投与すると、このような問題を克服できる可能性を確認しました。

チェ教授は「私たちのアイデアを活用してPEGコーティング光感受性物質、新概念の抗がん剤を商業化する企業が出てくることを期待する」と述べています。

今回の研究成果は「Molecular Cancer Therapeutics」に掲載されました。
(出所:韓国・ソウル経済、2017年10月18日付け内容)
www.takao.asia
にほんブログ村 ニュースブログ 科学ニュースへ

THEME:ものづくり | GENRE:ビジネス |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

お名前:
メール:
件名:
本文:

韓国伝統工芸
QRコード
QR