プロフィール

水田尊久

Author:水田尊久
http://www.takao.asia/
2000年渡韓、2012年末までサムスンに勤務、約四半世紀のエンジニア生活の後、2013年に韓国で法人を設立し独立。技術コンサルティングを中心に、韓国進出支援、市場調査など、韓国を中心に活動しています。

<韓国:先端素材>次世代リチウム金属電池の寿命・安全性向上技術の開発

韓国の研究チームが、次世代リチウム金属電池の性能と安全性を向上させる技術を開発しました。


負極にリチウムイオンを吸蔵する炭素等を使った二次電池「リチウムイオン電子」に対し、負極に金属リチウムを使った「リチウム金属電池(リチウム電池)」の場合、正極材料の種類によって、一次電池・二次電池が存在します。

韓国化学研究院のキムドンギュン博士とソウル大学のイ・ジョンチャン教授の研究チームが、次世代リチウム金属二次電池の性能と安全性を向上させる技術を開発しました。

リチウム金属二次電池は、充放電の過程でリチウム金属の表面に生じるリチウム金属結晶が木の枝のように析出し、これによって寿命が短くなり、さらには爆発する恐れもありました。

研究チームは、既存の液体電解質の代わりにゲル状電解質のフッ素系ゲル高分子電解質と電気絶縁性に優れ、熱・機械的安定性と熱伝導性が高いボロンナイトライドを添加しました。これによって、電解質を固体と液体の中間程度の物性に保持し、結晶の成長を制限しました。

キム博士は、「これまで、リチウム金属電池の欠点を克服するため、数々の研究が行われれたが、フッ素系ゲル高分子電解質にボロンナイトライドを添加して欠点を克服したのは今回が初めて」とし、「次世代リチウム金属電池だけでなく、リチウム硫黄電池、リチウム空気電池の商用化(までの期間)を大きく短縮することができるものと期待している」と述べています。

今回の研究成果は「Energy&Environmental Science」2017年9月号に掲載されました。
(出所:韓国・聯合ニュース、2017年10月18日付け内容)
(参考:wikipedia)
www.takao.asia
にほんブログ村 ニュースブログ 科学ニュースへ

THEME:ものづくり | GENRE:ビジネス |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

お名前:
メール:
件名:
本文:

韓国伝統工芸
QRコード
QR