プロフィール

水田尊久

Author:水田尊久
http://www.takao.asia/
2000年渡韓、2012年末までサムスンに勤務、約四半世紀のエンジニア生活の後、2013年に韓国で法人を設立し独立。技術コンサルティングを中心に、韓国進出支援、市場調査など、韓国を中心に活動しています。

<韓国:エネルギー>電極コーティングによるリチウム‐硫黄二次電池の性能向上技術

韓国の研究チームがリチウム‐硫黄二次電池の性能を向上させる電極コーティング技術を開発しました。


韓国科学技術研究院(KIST)エネルギー融合研究団のジョ・ウォンイル博士の研究チームが電極をコーティングする事によりリチウム‐硫黄電池の性能を高める事に成功しました。

リチウムを陰極に、硫黄を陽極に用いるリチウム‐硫黄二次電池はエネルギー貯蔵性に長けていますが、商用化にはまだいくつかの障害があります。

その1つが、バッテリーの充放電を繰り返す間に陰極と陽極材料が反応し、リチウムポリ硫化物(LiPS)などの副産物を生成し、この副産物の反応により電池の容量が減ったり、寿命が短くなったりします。

この問題を解決するため研究チームは陰極と陽極に、新たに開発した固体‐電解質の中間物質(ASEI)をコーティングしました。

その結果、リチウム‐硫黄電池を1000回以上の充放電を繰り返しても、性能が安定的に維持される事が確認されました。また、このリチウム‐硫黄電池は、現状のリチウムイオン電池に比べてエネルギー貯蔵容量が3倍程度向上しています。

ジョ博士は「リチウム金属を負極とした次世代二次電池の商用化を早めることになるだろう」と今回の研究の意義を語っています。

今回の研究成果は「Nano Energy」2017年10月7日号に掲載されました。
(出所:韓国・聯合ニュース、2017年10月24日付け内容)
www.takao.asia
にほんブログ村 ニュースブログ 科学ニュースへ

THEME:ものづくり | GENRE:ビジネス |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

お名前:
メール:
件名:
本文:

韓国伝統工芸
QRコード
QR