プロフィール

水田尊久

Author:水田尊久
http://www.takao.asia/
2000年渡韓、2012年末までサムスンに勤務、約四半世紀のエンジニア生活の後、2013年に韓国で法人を設立し独立。技術コンサルティングを中心に、韓国進出支援、市場調査など、韓国を中心に活動しています。

<韓国:IT>言葉を理解して行動するロボット技術の開発

韓国の研究チームが、言葉を理解して行動するロボット技術を開発しました。


ソウル大学電気情報工学部のオ・ソンヒ教授の研究チームが、言語と行動の間の関連性を理解する人工ニューラルネットワーク構造「Text2Action」を開発した事を明らかにしました。

研究チームは、人の行動を説明した文章を人工ニューラルネットワークに与えると、言語と行動の間の関連性を学び、ロボットが文章に合った行動すると説明しています。

研究チームは、人工ニューラルネットワークを学習させるために、YouTubeの映像から2万9770組の言語と行動データを抽出しました。

研究チームが開発した人工ニューラルネットワークは学習データに含まれていない言語入力が有った場合にも、適切な行動を探します。

オ教授は「人工ニューラルネットワークは、日常生活の情報が反映されたYouTubeの映像ビッグデータを学習した」とし、「人工知能ベースのロボットに適用されると、より人に優しいロボットになる」と説明しています。
(出所:韓国・聯合ニュース、2017年11月2日付け内容)
www.takao.asia
にほんブログ村 ニュースブログ 科学ニュースへ

THEME:ものづくり | GENRE:ビジネス |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

お名前:
メール:
件名:
本文:

韓国伝統工芸
QRコード
QR