プロフィール

水田尊久

Author:水田尊久
http://www.takao.asia/
2000年渡韓、2012年末までサムスンに勤務、約四半世紀のエンジニア生活の後、2013年に韓国で法人を設立し独立。技術コンサルティングを中心に、韓国進出支援、市場調査など、韓国を中心に活動しています。

<韓国:医療>人工受容体を用いた腫瘍標的治療技術を開発

韓国の研究チームが、腫瘍全体に人工受容体を伝達する腫瘍標的治療技術を開発しました。


韓国科学技術院(KAIST)バイオおよび脳工学科のパク・チホ教授の研究チームが、腫瘍全体に人工受容体を運び、効果的に腫瘍を標的治療する技術を開発しました。

腫瘍標的治療とは、一般的に腫瘍の成長と発生に関与する特定の分子(受容体)を標的に腫瘍の成長を阻害する治療を指します。しかし、標的治療は腫瘍内に特定の受容体が存在する患者のみ効果があり、標的分子が少量であったり、不均一に存在する場合、治療効果に限界があるという問題がありました。

腫瘍細胞から分泌されるエクソソーム(細胞外小包)は、細胞間のシグナル伝達に重要な役割をする生体起源のナノ粒子ですが、ここに、効率的に腫瘍に対して標的可能な人工受容体を搭載することができれば、腫瘍細胞の信号伝達体系に沿って腫瘍の深部まで人工受容体を運ぶ事ができるものと期待されています。

研究チームは、腫瘍細胞から分泌されるエクソソームに人工受容体を効率的に搭載できるようにするために、細胞膜と効率的に結合する人工ナノ粒子「細胞膜結合性リポソーム」を開発しました。

まず、細胞培養環境で人工受容体を含んだリポソームを細胞に処理する際に細胞膜に効果的に人工受容体を伝達し、標的可能である事を確認しました。

また、リポソームが伝達された細胞から分泌された人工受容体を含んだエクソソームを収集し、他の細胞に処理した際も標的可能である事を確認しました。

さらにガンが移植された動物モデルで、血流を介して人工受容体を含んだ細胞膜結合性リポソームを腫瘍に運搬した際、人工受容体が腫瘍内に均質に分布している事と、標的腫瘍の状態が大きく改善している事が確認されています。

今回の研究で、人工ナノ粒子であるリポソームを用いて、腫瘍細胞が分泌する生体ナノ粒子であるエクソソームに効率的に人工受容体を搭載できるようにし、エクソソームの固有移動経路を通じて、人工受容体が腫瘍全域に運ばれる事を明らかにし、標的が困難または不可能な腫瘍標的治療を可能にする技術の開発の足場が確立されました。
(出所:韓国・ソウル経済、2017年11月8日付け内容)
www.takao.asia
にほんブログ村 ニュースブログ 科学ニュースへ

THEME:ものづくり | GENRE:ビジネス |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

お名前:
メール:
件名:
本文:

韓国伝統工芸
QRコード
QR