プロフィール

水田尊久

Author:水田尊久
http://www.takao.asia/
2000年渡韓、2012年末までサムスンに勤務、約四半世紀のエンジニア生活の後、2013年に韓国で法人を設立し独立。技術コンサルティングを中心に、韓国進出支援、市場調査など、韓国を中心に活動しています。

<韓国:IT>ウエラブル圧電素子の開発

韓国の研究チームが微振動や人間の動きだけで電気を作ることができるウエラブル圧電素子を開発しました。


慶南(キョンナム)科学技術大学エネルギー工学科のパク・グィイル教授の研究チームが高効率圧電ナノ素材を薄く柔らかいプラスチック基板にコーティングして、プラスチックが曲がる事で電気を発生するフレキシブル圧電発素子を開発しました。

既存のフレキシブル圧電素子技術は摂氏600度以上の高温で熱処理して、プラスチック基板に転写するなどの複雑な工程を経なければならず、時間とコストが掛かり商用化への問題点となっていました。

これら問題への対策として、研究チームは高温・転写工程を無くし、インクジェット印刷技術を使って150ナノメートルの非常に小さな圧電粒子を混合したインクと有機物をプラスチック基板にコーティングする工程を用いました。また、開発されたプラスチック基板が曲がるたびに約7Vの電圧と3μAの電流が発生することが確認されています。

パク教授は「高温・転写工程なしにインクジェット印刷技術を用いてフレキシブル圧電素子を開発したのは世界初であり、従来技術の限界を克服した」と述べています。

今回の研究成果は「Nano Energy」2017年11月号に掲載されました。
(出所:韓国・聯合ニュース、2017年11月14日付け内容)
www.takao.asia
にほんブログ村 ニュースブログ 科学ニュースへ

THEME:ものづくり | GENRE:ビジネス |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

お名前:
メール:
件名:
本文:

韓国伝統工芸
QRコード
QR