プロフィール

水田尊久

Author:水田尊久
http://www.takao.asia/
2000年渡韓、2012年末までサムスンに勤務、約四半世紀のエンジニア生活の後、2013年に韓国で法人を設立し独立。技術コンサルティングを中心に、韓国進出支援、市場調査など、韓国を中心に活動しています。

<韓国:IT>紙を使った高感度3次元タッチセンサーの開発

韓国の研究チームが紙を使った高感度3次元(3D)タッチセンサーを開発しました。


延世(ヨンセ)大学のシム・ウヨン教授とイ・テユン教授の研究チームが高感度3Dタッチセンサーを開発しました。

タッチセンサーの表面微細構造を構成するためには、フォトリソグラフィ・蒸着・エッチングなどの複雑な工程を経るのが一般的で、それ故製造コストも上昇します。

この問題に対し、研究チームは表面の微細構造形成を別途に行う事なく、紙自体の表面の粗さを活用して高感度の圧力センサを開発しました。

紙には微細な凹凸があり、二枚の紙を重ねると両面が密着せずに紙の間に薄い空気層が生じます。研究チームは、紙の表面に鉛筆を使って電極を描き、誘電体の役割をする「溶媒混合PDMS(ポリジメチルシロキサン)」の薄膜を塗布しました。

曲げに対する安定性もあり、研究チームは1000回以上繰り返して曲げてもパフォーマンスの低下が認められない事を確認しています。

シム教授は「人為的な微細構造の形成工程を経ていないだけに、圧力センサの研究の新たなパラダイムを提示したと確信している」とし、「ウェアラブル機器とモノのインターネットなどに広く応用することができるだろう」と述べています。

今回の研究成果は「Small」2017年11月14号に掲載されました。
(出所:韓国・聯合ニュース、2017年12月14日付け内容)
www.takao.asia
にほんブログ村 ニュースブログ 科学ニュースへ

THEME:ものづくり | GENRE:ビジネス |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

お名前:
メール:
件名:
本文:

韓国伝統工芸
QRコード
QR