プロフィール

水田尊久

Author:水田尊久
http://www.takao.asia/
2000年渡韓、2012年末までサムスンに勤務、約四半世紀のエンジニア生活の後、2013年に韓国で法人を設立し独立。技術コンサルティングを中心に、韓国進出支援、市場調査など、韓国を中心に活動しています。

<韓国:医療>超音波を用いた光治療効果向上技術の開発

韓国の研究チームが超音波を用いた光治療効果向上技術を開発しました。


西江(ソガン)大学のチャン・ジンホ教授の研究チームが、超音波を利用して生体組織の光透過深度を増加させる技術を開発した事を明らかにしました。

光を用いた医療技術としては、生体組織を透過させる事によって組織構造を映像化する「光映像」や、病変組織を治療する「光治療」技術が広く用いられています。

しかし、生体組織では光散乱が容易に発生するため、組織の深部まで光を到達させることが困難になります。

この問題への対策として、研究チームは光と共に超音波を生体組織に当てることによって、光散乱現象を大幅に低減し、光の透過深度を増加させる技術を開発しました。

研究チームによると、超音波を当てたときに生体組織でマイクロメートルオーダーの小さな空泡が作られます。そして、光散乱が光の進行方向に起こるようにこの気泡の発生を誘導することによって、光を組織の奥深くまで透過させる事が可能になりました。

チャン教授は「超音波を利用して生体組織の光散乱特性を一時的に変化させるようにした」とし、「既存の光映像や光治療技術の性能向上に加え、臨床応用分野を今よりも拡大することができる」と述べています。

今回の研究成果は「Scientific Reports」2017年11月23日号に掲載されました。
(出所:韓国・聯合ニュース、2017年12月11日付け内容)
www.takao.asia
にほんブログ村 ニュースブログ 科学ニュースへ

THEME:ものづくり | GENRE:ビジネス |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

お名前:
メール:
件名:
本文:

韓国伝統工芸
QRコード
QR