プロフィール

水田尊久

Author:水田尊久
http://www.takao.asia/
2000年渡韓、2012年末までサムスンに勤務、約四半世紀のエンジニア生活の後、2013年に韓国で法人を設立し独立。技術コンサルティングを中心に、韓国進出支援、市場調査など、韓国を中心に活動しています。

<韓国:先端素材>半導体量子ナノロッド成長の原理解明

韓国の研究チームが半導体量子ナノロッド成長の原理を解明しました。


科学技術院(KAIST)のイ・ドジョン教授の研究チームは韓国科学技術研究院(KIST)のベ・ウォンギ博士と共に半導体量子ナノロッド(量子ロッド)成長の原理を解明した事を明らかにしました。

量子ロッドは、径方向がナノメートルオーダー、長軸方向は数十ナノメートルオーダーサイズの半導体ナノロッド粒子で、ディスプレイの偏光材料として注目されていますが、その成長の原理は、これまであまり知られていませんでした。

研究チームは、ナノロッドの表面に形成された有機リガント層におけるモノマー透過度の差が各面の成長速度に直接影響を与える事を明らかにしました。

有機リガントは、ナノ粒子の表面を安定化するために投入する界面活性剤分子で、面活性剤の頭部が粒子の表面と結合してリガンド層を形成します。

また研究チームはコア・シェル型量子ロッドで、両方向への成長速度を制御するプロセスを通じて、中心部の位置が量子ロッドの代表的な特性「偏光度」を決定する事も明らかにしました。コア・シェル型量子ロッドとは、コアとなる半導体ナノロッドの表面に特定の半導体層(シェル)をコートした構造をしています。

研究チームは、代表的な半導体材料「硫化カドミウム(CdS)」のナノロッド成長を観察した結果、高いリガンド密度を有する太いロッドの先端表面にはモノマーの接近が難しく成長速度が遅いことが分かりました。

一方で、細い部分は有機リガント密度が低く、リガントの長さに関係なく常に成長速度が早い事を確認しました。

イ教授は「成長の原理が分からず難しかった量子ロッド構造の微細設計と特性強化研究に役立てるものと期待している」とし、「量子ロッド成長制御技術を、光学偏光材料・ディスプレイ製作に適用する後続の研究を行う」と述べています。

今回の研究成果は「ACS Nano」2017年11月13日号に掲載されました。
(出所:韓国・聯合ニュース、2017年12月21日付け内容)
www.takao.asia
にほんブログ村 ニュースブログ 科学ニュースへ

THEME:ものづくり | GENRE:ビジネス |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

お名前:
メール:
件名:
本文:

韓国伝統工芸
QRコード
QR