プロフィール

水田尊久

Author:水田尊久
http://www.takao.asia/
2000年渡韓、2012年末までサムスンに勤務、約四半世紀のエンジニア生活の後、2013年に韓国で法人を設立し独立。技術コンサルティングを中心に、韓国進出支援、市場調査など、韓国を中心に活動しています。

<韓国:先端素材>銀ナノラインを用いた透明電極の開発

韓国の研究チームが銀ナノラインを用いた透明電極を開発しました。


韓国科学技術研究院(KIST)光電材料研究チームのオ・ヨンジェ責任研究員と延世(ヨンセ)大機械工学部のキム・デウン教授とキム・チャンレ博士の共同研究チームが銀ナノラインと炭素ナノ素材を利用いた柔軟性と光の透過性に優れ、電気的性能に優れたハイブリッド透明電極を開発した事を明らかにしました。

銀ナノラインは優れた電気的・光学的特性を持っており、有機太陽電池やOLEDディスプレイ、ウェアラブルセンサーなど、フレキシブル電子機器に使われる透明電極用ナノ素材として注目されています。

研究チームは、銀ナノラインと平面形状の炭素素材グラフェン、チューブ形のカーボンナノチューブを幾重にも積層する事によって、銀ナノラインでのみ構成された単一膜よりも耐久性に優れている事を明らかにしました。開発された透明電極は2000回以上の折りたたみに対して電気的特性を維持する事が可能で、銀ナノラインだけで構成された単一膜よりも耐久性が数十~数百倍優れています。

オ責任研究員は、「銀ナノラインの安定性と寿命の問題を解決する簡単な工程と低コストで耐久性の高いフレキシブル機器の商用化を早めることができる」と述べています。
(出所:韓国経済新聞、2017年12月24日付け内容)
www.takao.asia
にほんブログ村 ニュースブログ 科学ニュースへ

THEME:ものづくり | GENRE:ビジネス |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

お名前:
メール:
件名:
本文:

韓国伝統工芸
QRコード
QR