プロフィール

水田尊久

Author:水田尊久
http://www.takao.asia/
2000年渡韓、2012年末までサムスンに勤務、約四半世紀のエンジニア生活の後、2013年に韓国で法人を設立し独立。技術コンサルティングを中心に、韓国進出支援、市場調査など、韓国を中心に活動しています。

<韓国:医療>ガン細胞の分化誘導を利用した腫瘍治療法の開発

韓国の研究チームがガン細胞の分化誘導を利用した腫瘍治療法を開発しました。


高麗(コリョ)大学のキム・ヒョンギ教授の研究チームが、ガン幹細胞の分化誘導過程を究明して幹細胞機能を抑制すると同時に分化能力を促進する治療法を発見した事を明らかにしました。幹細胞機能は複数の種類の細胞に分化できる能力の事です。

ガン幹細胞は自己再生と分化能力を持つ少数のガン細胞で、通常、ガンの発生・転移の原因となります。放射線化学療法の耐性が強くガン再発の原因にもなります。

ガン幹細胞を標的とした治療法が研究されていますが、幹細胞機能を抑制したときには抗がん効果が微々たるものでした。

研究チームは、幹細胞の分化を抑制する「ID1」因子が幹細胞機能と分化能力の両方を調節する事実を確認しました。

また、幹細胞機能を促進する際にはウィント(Wnt)シグナル伝達系とソニック・ヘッジホッグ(SHH)シグナル伝達系を活性化し、分化を抑制する際に骨形成タンパク質(BMP)シグナル伝達システムを抑制しました。

これら伝達系信号を相反する組み合わせにする事が重要になります。研究チームは、脳腫瘍マウスを用い、脳腫瘍幹細胞のSHHシグナルを抑制し、BMPシグナルを活性化する事によって、生存率が向上する事を確認しました。

キム・ヒョンギ教授は「ガン幹細胞の分化調節過程を究明し、幹細胞能と分化誘導能を目標として腫瘍を抑制するための新たな抗がん分化治療戦略を提示した」とし、「様々なガン幹細胞のカスタム抗がん剤の開発が期待される」と述べています。

今回の研究成果は「Clinical Cancer Research」に掲載されました。
(出所:韓国・電子新聞、2017年12月25日付け内容)
www.takao.asia
にほんブログ村 ニュースブログ 科学ニュースへ

THEME:ものづくり | GENRE:ビジネス |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

お名前:
メール:
件名:
本文:

韓国伝統工芸
QRコード
QR