プロフィール

水田尊久

Author:水田尊久
http://www.takao.asia/
2000年渡韓、2012年末までサムスンに勤務、約四半世紀のエンジニア生活の後、2013年に韓国で法人を設立し独立。技術コンサルティングを中心に、韓国進出支援、市場調査など、韓国を中心に活動しています。

<韓国:先端素材>水を使った超薄膜ナノシートの製造

韓国の研究チームが水を使った超薄膜ナノシートの製造方法を開発しました。


韓国電子通信研究院(ETRI)が、ナノオーダーの厚さの「二次元(2D)半導体ナノシート」製造の核心技術を開発した事を明らかにしました。

二次元半導体はナノサイズの厚さで非常に薄く剥がれやすい特徴があります。原子間の結合は非常に強い反面、層間の結合力が弱く、一層一層が容易に分離できます。

厳密には、三次元構造ですが厚さが無視できるほど薄いため、「二次元」という名が用いられました。

研究チームは、塊の状態で剥がれやすい結晶石(ナノシート原材料)を水に入れてナトリウムを添加し、超音波を利用してナノメートル以下の厚さの層に分離しました。

また研究チームは、ナノシートが水中に分散して浮いている水分散液を得ることにも成功しました。二次元半導体ナノシート水分散液は水に容易に溶解する高分子を混合して「ナノシート・高分子複合体」として応用することができます。

実際に研究チームは粉末形態の水溶性高分子を水分散液に入れ、粘性の高い液体を作り、これを半導体膜基板上に薄くコーティングすることによってメモリ素子の半導体層を作りました。

ETRIの関係者は「データを書き込み、繰り返し読み出しを行い、メモリとしての安定動作を確認することに成功した」とし、「今後、電気自動車の大容量蓄電池、二次電池、柔軟で透明な電子機器などに活用されるだろう」と述べています。

今回の研究成果は「Small」の2017年末のオンライン版に掲載されました。
(出所:韓国・聯合ニュース、2018年1月9日付け内容)
www.takao.asia
にほんブログ村 ニュースブログ 科学ニュースへ

THEME:ものづくり | GENRE:ビジネス |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

お名前:
メール:
件名:
本文:

韓国伝統工芸
QRコード
QR