プロフィール

水田尊久

Author:水田尊久
http://www.takao.asia/
2000年渡韓、2012年末までサムスンに勤務、約四半世紀のエンジニア生活の後、2013年に韓国で法人を設立し独立。技術コンサルティングを中心に、韓国進出支援、市場調査など、韓国を中心に活動しています。

<韓国:先端素材>「電子化物」の磁性発現原理が明らかに

韓国の研究チームが「電子化物」の磁性発現原理を明らかにしました。


成均館(ソンギュングァン)大学のキム・ソンウン教授の研究チームが新素材「電子化物」が磁性を発現する原理を究明した事を明らかにしました。

一般的に、電子は物質を構成する原子軌道に属していますが、電子化物の場合、電子は材料内の独立した空間に陰イオンの形で存在します。

既存の物質とは異なった特性を有するため、学界では半導体や電極材料など様々な分野で応用できるものと期待が高まっています。一方で、まだ実際の合成に成功した電子化物材料が10余りに過ぎないうえ、機能のメカニズムに関しての研究も行われていないのが実情です。

研究チームは、電子化物内部格子間電子(独立的な空間に陰イオンの形で存在している電子)による磁性が、電子結合(拘束)の程度に応じて変わる事を確認しました。

研究チームは「理論としてのみ存在していた超高圧金属内部の電子拘束状態が実際の電子貨物の中で発現されることを究明した」と述べています。。

今回の研究成果は「Journal of the American Chemical Society」2017年12月6日号に掲載されました。
(出所:韓国・聯合ニュース、2018年1月9日付け内容)
(参考:wikipedia、welbo辞書)
www.takao.asia
にほんブログ村 ニュースブログ 科学ニュースへ

THEME:ものづくり | GENRE:ビジネス |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

お名前:
メール:
件名:
本文:

韓国伝統工芸
QRコード
QR