プロフィール

水田尊久

Author:水田尊久
http://www.takao.asia/
2000年渡韓、2012年末までサムスンに勤務、約四半世紀のエンジニア生活の後、2013年に韓国で法人を設立し独立。技術コンサルティングを中心に、韓国進出支援、市場調査など、韓国を中心に活動しています。

<韓国:エネルギー>太陽光を利用して二酸化炭素を合成燃料に転換する技術

韓国の研究チームが太陽光を利用して二酸化炭素を合成燃料に転換する技術を開発しました。


高麗(コリョ)大学新素材化学科のソン・ホジン教授の研究チームが、太陽光エネルギーの赤色光を利用して二酸化炭素を合成燃料に転換する技術を開発しました。

ソン・ホジン教授の研究チームは、高効率太陽光捕集技術を適用して、二酸化炭素転換用の光触媒を実現しました。

この技術では、植物が光合成するときに光を捕集するクロロフィルと類似したポルフィリン染料が用いられました。

植物のクロロフィルから発見された化合物ポルフィリンは太陽光に長時間さらされると容易に分解されます。研究チームは、ここに酸化物半導体を結合する事によって光安定性を画期的に改善しました。これによって、ポルフィリンだけで構成さ光触媒よりも変換効率が10~20倍向上し、4日以上の長期連続工程でも触媒反応が持続したと研究チームは説明しています。

特にポルフィリンは可視光線の中でも波長が長くエネルギーが低い赤色光も吸収することができます。これにより、研究チームは二酸化炭素を一酸化炭素の中間物質に変えて合成燃料を作る事に成功しました。

ソン教授は「光触媒は大容量の二酸化炭素転換に適用することができる」とし、「今後、気候変動への対応、環境産業の発展に貢献するものと期待している」と述べています。

今回の研究成果は「ACS Catalysis」2018年1月9日号に掲載されました。
(出所:韓国・ソウル経済、2018年1月15日付け内容)
www.takao.asia
にほんブログ村 ニュースブログ 科学ニュースへ

THEME:ものづくり | GENRE:ビジネス |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

お名前:
メール:
件名:
本文:

韓国伝統工芸
QRコード
QR