プロフィール

水田尊久

Author:水田尊久
http://www.takao.asia/
2000年渡韓、2012年末までサムスンに勤務、約四半世紀のエンジニア生活の後、2013年に韓国で法人を設立し独立。技術コンサルティングを中心に、韓国進出支援、市場調査など、韓国を中心に活動しています。

<韓国:先端素材>人骨の成分を用いたナトリウム電池陽極材料の開発

韓国の研究チームが、人骨の成分を用いたナトリウム電池陽極材料を開発しました。


世宗(セジョン)大学のミョン・スンテク教授の研究チームが人骨の成分を模した素材(NaCaPO4)を用いたナトリウム二次電池の陽極電極材料を開発しました。

ナトリウムは地球に存在する物質で6番目に多く、リチウムよりも安価なため、ナトリウムを用いた二次電池は従来のリチウム二次次電池を代替するものと期待されています。

充電効率と安定性を向上させることが、ナトリウム二次電池商用化のカギとなっており、層状構造が主に研究されていますが、構造・物理的不安定性と充電効率の低下が問題となっていました。

これに対して、研究チームは、堅く、イオン伝達に有利な骨材料を陽極材表面に適用し、充電効率低下の問題を解決しました。これによって、既存のナトリウム素材より40%ほど電気化学的性能が向上しました。

研究チームは、エタノールに骨材料の原料と層状構造陽極材を混ぜ80℃の温度で蒸発させ、電極表面に原料が緻密に付着するよう熱処理を行いました。これによって、二次電池駆動時、固体骨素材が粒子の分解現象を防止し、電解質に含まれている水や酸性物質のために陽極材料が傷つく現象も減少しました。

ミョン教授は「骨素材を二次電池と組み合わせ、優れた特性を示すナトリウム二次電池用陽極材を開発した」とし、「ナトリウム二次電池の商用化を早める基盤を用意した」と述べています。

今回の研究成果は「Advanced Energy Material)」に掲載されました。
(出所:韓国・電子新聞、2018年1月28日付け内容)
www.takao.asia
にほんブログ村 ニュースブログ 科学ニュースへ

THEME:ものづくり | GENRE:ビジネス |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

お名前:
メール:
件名:
本文:

韓国伝統工芸
QRコード
QR