プロフィール

水田尊久

Author:水田尊久
http://www.takao.asia/
2000年渡韓、2012年末までサムスンに勤務、約四半世紀のエンジニア生活の後、2013年に韓国で法人を設立し独立。技術コンサルティングを中心に、韓国進出支援、市場調査など、韓国を中心に活動しています。

<韓国:エネルギー>メタノール燃料電池用膜電極接合体の開発

韓国の研究チームが、メタノール燃料電池用の膜電極接合体を開発しました。


江原(カンウォン)大学のチョ・ヨンフン教授がソウル大学のソン・ヨウンウン教授、チェ・マンス教授と共に、ダイレクトメタノール燃料電池用の膜電極接合体を開発しました。

ダイレクトメタノール燃料電池(DMFC)は、メタノールと酸素の電気化学反応によって電気を作りだすエネルギー変換システムです。

液状燃料を使用するため、エネルギー密度が高く、既存の水素燃料電池よりも燃料貯蔵・取り扱いも容易です。しかし、メタノールの酸化反応が非常にゆっくりと発生する上に、酸化電極に供給したメタノールが還元電極側に透過し、電気エネルギーの生産を阻害する問題がありました。

この現象はクロスオーバーとも呼ばれ、酸素還元反応を妨害するだけでなく、内部回路を形成し全体のエネルギー効率を落とします

研究チームは、メタノールの酸化反応が発生する膜電極接合体にマイクロ・ナノスケールの構造を導入しました。これにより、反応速度が遅い問題とメタノール透過の問題を同時に解決しました。

この膜電極接合体をダイレクトメタノール燃料電池に適用したところ、電力密度が最大42.3%向上しました。

チョ教授は「触媒を変えることなしに膜電極接合体の構造を変えることで、メタノール燃料電池の低性能の限界を克服した」とし、「高エネルギー密度の燃料電池をドローンの電力源として使用すると飛行時間を大幅に増やすことができるだろう」と述べています。

今回の研究成果は「Nano Energy」1月号に掲載されました。
(出所:韓国・聯合ニュース、2018年2月1日付け内容)
www.takao.asia
にほんブログ村 ニュースブログ 科学ニュースへ

THEME:ものづくり | GENRE:ビジネス |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

お名前:
メール:
件名:
本文:

韓国伝統工芸
QRコード
QR