プロフィール

水田尊久

Author:水田尊久
http://www.takao.asia/
2000年渡韓、2012年末までサムスンに勤務、約四半世紀のエンジニア生活の後、2013年に韓国で法人を設立し独立。技術コンサルティングを中心に、韓国進出支援、市場調査など、韓国を中心に活動しています。

<韓国:IT>超高画素デジタルカメラ基盤技術の開発

韓国の研究チームが、超高画素デジタルカメラの基盤技術を開発しました。


高麗(コリョ)大学電気電子工学のキム・スジン教授は、米国スタンフォード大学のMark L. Brongersma教授の研究チームと共同で、デジタルカメラの「光検出器」の光認識効率を向上させる技術を開発しました。

商用の光検出器を使用するには必要な波長の光だけを透過させるカラーフィルターが必要になります。しかし、カラーフィルターを用いると、光検出器の光認識効率が落ちる問題があり、超高画素のカメラ開発への問題となっていました。

この問題を解決するために、研究チームは光の流れを必要に応じて制御することができる人工物質である「メタ物質」を用いる事によって、カラーフィルターが不要な光検出器を実現しました。

今回の研究では、カラーフィルターを用いずに30ナノメートルの波長間隔の光を特定の領域に集めることが可能なことが実験的に証明されています。

今回の研究成果は「Nature Communications」2018年1月31日号に掲載されました。
(出所:韓国・聯合ニュース、2018年2月7日付け内容)
www.takao.asia
にほんブログ村 ニュースブログ 科学ニュースへ

THEME:ものづくり | GENRE:ビジネス |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

お名前:
メール:
件名:
本文:

韓国伝統工芸
QRコード
QR