プロフィール

水田尊久

Author:水田尊久
http://www.takao.asia/
2000年渡韓、2012年末までサムスンに勤務、約四半世紀のエンジニア生活の後、2013年に韓国で法人を設立し独立。技術コンサルティングを中心に、韓国進出支援、市場調査など、韓国を中心に活動しています。

<韓国:医療>抗がん効果を持った腫瘍幹細胞検出法の開発

韓国の研究チームが、抗ガン効果を持った腫瘍幹細胞検出法を開発しました。


基礎科学研究院(IBS)複雑系自己組織研究団のジャン・ヨンテ副研究団長(浦項<ポハン>工科大学化学教授)の研究チームが、腫瘍幹細胞だけに選択的に結合する蛍光物質「TiY(Tumor initiating cell probe Yellow)」を発見した事を明らかにしました。

さらにこの物質はガンの再発や転移を防ぐ抗ガン治療の可能性を示す事も確認されています。

腫瘍幹細胞はガン細胞に分化する前段階の細胞で、再生・分化能力が強く腫瘍の形成、ガン転移、再発に関与します。この腫瘍幹細胞の検出に用いる既存の抗体治療法はガンの種類や人により結果がばらつく問題がありました。また、一般腫瘍細胞と腫瘍幹細胞とを選別する事も困難でした。

この問題を解決するために研究チームは、腫瘍幹細胞だけを検出する蛍光物質を探し出す事にし、代表的悪性腫瘍である肺ガン幹細胞に対して蛍光分子を種類別に処理し、細胞と結合する蛍光分子を探索しました。

この検討の結果、TiY分子が腫瘍幹細胞のタンパク質「ビメンチン(Vimentin)」に選択的に結合する事実を明らかにしました。

肺ガンだけでなく、腎臓ガン、脳腫瘍、皮膚ガン、前立腺ガン、乳ガン、卵巣ガン、結腸ガンなど28種類のガン組織から分離した「TiYで染色された細胞」を体外培養した結果、すべてが腫瘍塊を形成しました。

また、研究チームはTiY濃度が一定レベル以上になると、肺ガン幹細胞が急激に死滅し腫瘍塊形成能力が低下することも確認しています。

ジャン副研究団長は「生きている腫瘍幹細胞の内部で発現するタンパク質を標的とした初の蛍光物質を開発した」とし、「ガン治療薬開発の可能性を開く成果」と述べています。

今回の研究成果は「Angewandte Chemie International Edition」2018年1月26日オンライン号に掲載されました。
(出所:韓国・聯合ニュース、2018年2月7日付け内容)
www.takao.asia
にほんブログ村 ニュースブログ 科学ニュースへ

THEME:ものづくり | GENRE:ビジネス |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

お名前:
メール:
件名:
本文:

韓国伝統工芸
QRコード
QR