プロフィール

水田尊久

Author:水田尊久
http://www.takao.asia/
2000年渡韓、2012年末までサムスンに勤務、約四半世紀のエンジニア生活の後、2013年に韓国で法人を設立し独立。技術コンサルティングを中心に、韓国進出支援、市場調査など、韓国を中心に活動しています。

<韓国:IT>「解像度100倍」高解像度ホログラムの開発

韓国の研究チームが、従来に比べ100倍の解像度を持つホログラムを開発しました。


ソウル大学電気情報工学部のイ・ビョンホ教授、浦項工科大学機械工学・化学工学科のノ・ジュンソク教授、慶北大学電子工学科のイ・スンヨル教授、高麗大学電子・情報工学科のキム・フィ教授らから構成された共同研究チームが、高解像度・広視野角のホログラム画像を実現することができる素子を開発しました。

現在までに開発されたホログラム素子は、光の強さと位相のどちらか一方のみ制御することが可能な不完全なホログラム再生のみ可能でした。

この問題を解決するため、研究チームは、光の波長よりも小さなサイズとなるナノメートル(10億分の1メートル)オーダーの大きさの素子を何百も用いて構成された「メタ表面」を使った新たなホログラム素子を開発しました。

既存のホログラム素子の画素サイズが数マイクロメートル(100万分の1メートル)であるのに対し、研究チームが開発した素子は、画素サイズが数百ナノメートルとなっており、解像度が100倍以上向上しています。

また、既存のホログラム画像の視野角は10度以下程度ですが、メタ表面素子で再生されたホログラム画像は100度以上の広視野角を持つ事も確認されています。

イ・ビョンホ教授は、「ホログラム素子を開発するための重要な課題解決の足場を用意した」とし、「リアルタイムで変調する技術を開発することが実用化のためのカギ」と説明しています。

今回の研究成果は「Nanoscale」電子版に掲載されました。
(出所:韓国・聯合ニュース、2018年2月14日付け内容)
www.takao.asia
にほんブログ村 ニュースブログ 科学ニュースへ

THEME:ものづくり | GENRE:ビジネス |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

お名前:
メール:
件名:
本文:

韓国伝統工芸
QRコード
QR