プロフィール

水田尊久

Author:水田尊久
http://www.takao.asia/
2000年渡韓、2012年末までサムスンに勤務、約四半世紀のエンジニア生活の後、2013年に韓国で法人を設立し独立。技術コンサルティングを中心に、韓国進出支援、市場調査など、韓国を中心に活動しています。

<韓国:先端素材>グラフェン製造工程効率化技術の開発

韓国の研究チームが、グラフェンの製造工程を効率化する技術を開発しました。


忠南(チュンナム)大学のユン・スンギル教授の研究チームが、チタンを用いて低温でグラフェンを合成することが可能な技術を開発しました。

グラフェンは電気伝導性と熱伝導性が良く、機械的強度にも優れています。それ故、二次電池やディスプレイなど様々な分野への応用が期待されています。

炭素ベースの物質であるグラフェンを合成する際には、通常、化学蒸着法(CVD、Chemical Vapor Deposition)によって、他の基板上に転写する工程が必要になります。化学蒸着法は、原料の蒸気を基板上に流れるようにして、外部からエネルギーを加えて薄膜を形成する技術です。この時、内部の欠陥、基板との接着の問題、グラフェンの表面に生じるしわによる特性劣化の問題などが生じます。

研究チームは、チタンがグラフェンを構成する炭素と同じ結晶構造を持ち、炭素との結合力にも優れている点に注目し、チタンでグラフェンのしわを除去する既存の研究成果を活用して、10ナノメートル(10億分の1メートル)の厚さのチタン層を作り、その上にグラフェンを合成する技術の開発に成功しました。

特に研究チームが開発した技術は、150度の低温でも高品質のグラフェンを大面積で合成することができるのが特徴となっています。

ユン教授は「既存のグラフェン素材の短所を補完した新たな概念の、無欠点、大面積グラフェンを直接製造する技術を開発した」とし、「この技術でグラフェンが、透明で柔軟な電子素子に応用され、既存の金、銅などの金属電極を置き換える事ができるだろう」と述べています。

今回の研究成果は「ACS Nano」に掲載されました。
(出所:韓国・朝鮮ビズ、2018年2月19日付け内容)
www.takao.asia
にほんブログ村 ニュースブログ 科学ニュースへ

THEME:ものづくり | GENRE:ビジネス |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

お名前:
メール:
件名:
本文:

韓国伝統工芸
QRコード
QR