プロフィール

水田尊久

Author:水田尊久
http://www.takao.asia/
2000年渡韓、2012年末までサムスンに勤務、約四半世紀のエンジニア生活の後、2013年に韓国で法人を設立し独立。技術コンサルティングを中心に、韓国進出支援、市場調査など、韓国を中心に活動しています。

<韓国:医療>放射線技術を用いた歯茎骨組織再生技術の開発

韓国の研究チームが、放射線技術を用いて歯茎骨組織を再生する技術を開発しました。


韓国原子力研究院先端放射線研究所のイム・ユンムク博士の研究チームが、放射線技術を用いて、吸水性歯周組織再生誘導剤を開発しました。

歯周組織再生誘導剤は炎症、外傷、インプラント施術などの歯科治療時に歯茎の骨(歯周)が抜けた空間に必要な素材です。

研究チームが開発した吸収性歯周組織再生誘導剤は、天然高分子物質である微生物セルロースを原料として使用しています。

微生物セルロースは、微細繊維が絡み合った3次元網構造をなしており、高強度・高弾力などの特性を示し、化粧品にも入っています。

研究チームは、発酵させたミカンやココナッツの殻などに硝酸菌を注入して培養し、この菌の代謝過程を通じて微生物セルロースを得た後、高エネルギー放射線を照射し、凍結乾燥工程を用いて新素材を開発しました。

微生物セルロースは、本来の体の中で分解されませんが、放射線照射を行うことによって内部結合力を弱め、使用後一定期間が経過すると自然に人体に吸収され分解されると研究チームは説明しています。

先端放射線研究所のジョン・ビョンヨプ所長は「商用化段階に達すると、国内だけでなく、グローバル市場でも注目される」とし、「放射線技術の融合研究を通じた高付加価値素材の開発に邁進する計画」と語っています。
(出所:韓国・聯合ニュース、2018年3月8日付け内容)
www.takao.asia
にほんブログ村 ニュースブログ 科学ニュースへ

THEME:ものづくり | GENRE:ビジネス |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

お名前:
メール:
件名:
本文:

韓国伝統工芸
QRコード
QR