プロフィール

水田尊久

Author:水田尊久
http://www.takao.asia/
2000年渡韓、2012年末までサムスンに勤務、約四半世紀のエンジニア生活の後、2013年に韓国で法人を設立し独立。技術コンサルティングを中心に、韓国進出支援、市場調査など、韓国を中心に活動しています。

<韓国:エネルギー>大容量水素輸送技術の開発

韓国の研究チームが、大容量の水素を輸送する技術を開発しました。


韓国化学研究院のパク・ジフン博士の研究チームが、漢陽(ハニャン)大学化学工学科のソ・ヨウンウン教授、浦項工科大学(POSTECH)化学工学科のハン・ジョンウ教授の研究チームと共に水素を従来より低コストで安全に保存・輸送することが可能な技術を開発した事を明らかにしました。

水素の貯蔵・輸送技術には超高圧圧縮や液化技術が主に知られていますが、輸送時に爆発の危険があるうえ、高価な特殊装置が必要となる問題がありました。

この問題への細作として研究チームは、液体状態である化合物に水素を貯蔵・輸送する「液状有機物水素貯蔵体」(LOHC・Liquid Organic Hydrogen Carrier)技術に注目。貯蔵容量と安定性を従来水準に維持しながら反応効率を向上させ、水素の生産コストを減らしました。

「MBP」と名付けられた新たな水素貯蔵用液体物質は、水素貯蔵材料に他の原子を追加すると、脱水素化エネルギーを減らすことができる点に着目して開発されました。

研究チームは、酸素、窒素、リンなどの原子を追加するコンピュータシミュレーションに基づいて、水素貯蔵物質に窒素原子が1個含まれた環状化合物を加えました。また、水素を液体に加えたり抜き出したりする過程で使用される触媒には、Ru(ルテニウム)系とPd(パラジウム)系触媒を用いています。

パク博士は「全世界で、ほんの数箇所の研究チームが保有している水素貯蔵体と触媒技術を独自に確保した」とし、「水素自動車の性能向上など、商用化のための大量生産工程の研究を継続する方針」と述べています。

今回の研究成果は「ChemSusChem」2018年第4号誌に掲載されました。
(出所:韓国・聯合ニュース、2018年3月20日付け内容)
www.takao.asia
にほんブログ村 ニュースブログ 科学ニュースへ

THEME:ものづくり | GENRE:ビジネス |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

お名前:
メール:
件名:
本文:

韓国伝統工芸
QRコード
QR