プロフィール

水田尊久

Author:水田尊久
http://www.takao.asia/
2000年渡韓、2012年末までサムスンに勤務、約四半世紀のエンジニア生活の後、2013年に韓国で法人を設立し独立。技術コンサルティングを中心に、韓国進出支援、市場調査など、韓国を中心に活動しています。

<韓国:先端素材>次世代Mラム素材の開発

韓国の研究チームが、次世代のMラム素材を開発しました。


高麗(コリョ)大学新素材工学科のイ・ギョンジン教授の研究チームが、KAIST(韓国科学技術院)新素材工学科のパク・ビョングク教授の研究チームと共同で「磁性メモリ(MRAM)」の開発に必要な新素材を開発した事を明らかにしました。

MRAMは外部電源が無くても情報を維持することができる不揮発性メモリで、集積度と速度を大幅に高めることができる可能性が評価されており、世界中の半導体メーカーが開発競争を繰り広げています。

MRAMは「スピン電流」を利用して動作するため、電荷の移動によるジュール熱の発生が無く、電力損失を低減する事が可能になります。

研究チームは、強磁性物質と遷移金属から成る二重層の素材を利用してスピン電流を効率的に生成することが可能な事を理論と実験で明らかにし、生成されたスピン電流のスピンの向きを任意に制御する事にも成功しました。

イ教授は「この新素材を次世代メモリとして注目されているスピン軌道トルクベースのMRAMに適用する事で、待機電力を大幅に削減することができており、低消費電力動作が必須となるモバイル、ウェアラブル、モノのインターネット(IoT)へのメモリとして活用する可能性が高い」と述べています。
(出所:韓国・聯合ニュース、2018年4月11日付け内容)
www.takao.asia
にほんブログ村 ニュースブログ 科学ニュースへ

THEME:ものづくり | GENRE:ビジネス |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

お名前:
メール:
件名:
本文:

韓国伝統工芸
QRコード
QR