プロフィール

水田尊久

Author:水田尊久
http://www.takao.asia/
2000年渡韓、2012年末までサムスンに勤務、約四半世紀のエンジニア生活の後、2013年に韓国で法人を設立し独立。技術コンサルティングを中心に、韓国進出支援、市場調査など、韓国を中心に活動しています。

<韓国:医療>ガン治療の効果を高めたレーザー治療技術の開発

韓国の研究チームが、ガン治療の効果を高めたレーザー治療技術を開発しました。


KAIST(韓国科学技術院)生命化学工学科のキム・ユチョン教授の研究チームが近赤外線蛍光物質ベースの光力学治療(Photodynamic Therapy、以下PDT)を開発した事を明らかにしました。

PDTは薬や遺伝子ではなく光を利用する治療法で、レーザーを特定の部位に当てて酸素を活性酸素に変化させ、細胞の自己死を誘導する技術です。

治療効果を極大化するためには、目的の場所に多くのPDT造影剤を送り込む事が重要になります。そして、PDT造影剤によって作られた活性酸素がミトコンドリア膜を攻撃して細胞死滅を誘引します。

研究チームは、ガン細胞のミトコンドリア膜が一般細胞に比べて電位差が高く、正電荷の疎水性物質がよりよく投入される特性がある事を利用し、PDT造影剤の効果を最大化するために、ミトコンドリアを標的化するトリフェニルホスホニウム、PDT効果増強剤である臭化物、および溶解度を高めるためのアミン基で構成された物質を開発しました。

研究チームが開発した物質は、波長662ナノメートルのレーザーを用い、透過性もミリ単位の深さを示しています。一方、既存の可視光線を使った造影剤の場合、透過性はマイクロメートル単位の深さとなっています。

キム教授は「既存の診断および治療剤を一段階発展させた新たなプラットフォームを開発し、副作用を最小限に抑え、さまざまな病気を治療するために有用に使用される事を期待する」と述べています。

今回の研究成果は「Advanced Science」2018年3月25日号に掲載されました。
(出所:韓国・東亜サイエンス、2018年4月16日付け内容)
www.takao.asia
にほんブログ村 ニュースブログ 科学ニュースへ

THEME:ものづくり | GENRE:ビジネス |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

お名前:
メール:
件名:
本文:

韓国伝統工芸
QRコード
QR