プロフィール

水田尊久

Author:水田尊久
http://www.takao.asia/
2000年渡韓、2012年末までサムスンに勤務、約四半世紀のエンジニア生活の後、2013年に韓国で法人を設立し独立。技術コンサルティングを中心に、韓国進出支援、市場調査など、韓国を中心に活動しています。

<韓国:IT事情>高効率・低コスト次世代太陽電池材料の開発

韓国の研究チームが、低製造コストと高い耐久性を備えた次世代太陽電池材料を開発しました。


蔚山科学技術院(UNIST)は、「エネルギーおよび化学工学部(ECHE)」のソク・サンイル教授の研究チームが、世界最高の信頼性を有する「無-有機ハイブリッドペロブスカイト(perovskite)太陽電池(以下、ペロブスカイト太陽電池)」を製造できる材料を開発した事を明らかにしました。

ペロブスカイト太陽電池は、安価な化学物質を、低温状態で、溶液工程によって、容易に製造することができ、光電変換効率も22%程度と、既存のシリコン単結晶系太陽電池の水準からしても高い値を出せる次世代太陽電池技術で、最近注目を集めています。

今回開発された素材は、紫外線を含む太陽光に1000時間以上さらしても安定した効率を維持することが確認されています。

また、光電極材料(「無-有機ハイブリッドペロブスカイト(perovskite))の合成も、従来(900度以上の高温)よりも低い200℃以下で行うことができ、製造プロセスを容易にしました。

今回の研究成果は、「Science」誌に、17年3月掲載されました。
(出所:韓国・ニューシス、2017年3月31日付け内容)
www.takao.asia
にほんブログ村 ニュースブログ 科学ニュースへ

THEME:ものづくり | GENRE:ビジネス |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

お名前:
メール:
件名:
本文:

韓国伝統工芸
QRコード
QR