プロフィール

水田尊久

Author:水田尊久
http://www.takao.asia/
2000年渡韓、2012年末までサムスンに勤務、約四半世紀のエンジニア生活の後、2013年に韓国で法人を設立し独立。技術コンサルティングを中心に、韓国進出支援、市場調査など、韓国を中心に活動しています。

<韓国:医療>「遺伝子のハサミ」疾患部位切断に成功

韓国の研究者所属する研究チームが、肥厚性心筋症を引き起こす遺伝子除去に成功しました。


基礎科学研究院のパク・サンウク研究委員とソウル大学医学部のキム・ジョンフン教授が所属する研究チームは、DNAから目的の部分だけを切り取る技術「遺伝子のハサミ」で、ヒト胚性幹細胞(ES細胞)の段階での遺伝子疾患部位を切り取る事に成功しました。

肥厚性心筋症の患者の精子と「遺伝子のハサミ」の役目をする酵素を同時に卵子に注入した結果、58のうち48の胚で、病気を引き起こす遺伝子を除去することに成功しました。

今回研究チームが開発した技術は、異なる種のDNAが混在した遺伝子操作とは異なり、突然変異を起こす可能性が低く、より安全に、人間の病気を治療する技術として期待される一方で、不要な遺伝子を除いた「特別な子供」を作ってしまう可能性の他、問題となる遺伝子を100%精密に切り取れなかった場合に起こる副作用への懸念も残っています。

今回の研究成果は「Nature」2017年8月3日号に掲載されました。
(出所:韓国・MBC、2017年8月3日付け内容)
www.takao.asia
にほんブログ村 ニュースブログ 科学ニュースへ

THEME:ものづくり | GENRE:ビジネス |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

お名前:
メール:
件名:
本文:

韓国伝統工芸
QRコード
QR