プロフィール

水田尊久

Author:水田尊久
http://www.takao.asia/
2000年渡韓、2012年末までサムスンに勤務、約四半世紀のエンジニア生活の後、2013年に韓国で法人を設立し独立。技術コンサルティングを中心に、韓国進出支援、市場調査など、韓国を中心に活動しています。

<韓国:医療>新たな遺伝子発現調節方法の解明

韓国の研究チームが、マイクロRNA(miRNA)の助けなしに、RNA結合タンパク質だけで転写体の発現を調節する新たなタイプの遺伝子発現調節過程を明らかにしました。


仁荷(イナ)大学医学部MRC低酸素標的疾患研究センターのイ・ジェソン教授とイ・ヒョンチョル研究教授の研究チームは、RNA結合タンパク質WIG1が細胞内で二つの異なる分子的作用機転(機転;ある現象の元となる要因や経緯)によって、転写体の発現を調節する事を明らかにしました。

RNA結合タンパク質は、転写体のスプライシング (splicing)(*1)と翻訳(*2)、保存、分解などいくつかのRNA代謝に関与する物質です。転写とは、DNAに存在する情報をRNAに変換する過程の事を指します。

研究チームは、miRNAが存在しない状況でもWIG1がAGO2(Argonaute2)(*3)を利用して転写体発現調節に欠かせない機能を担当するという事を明らかにしました。

研究チームは、「がん細胞の老化は、がん治療のための新たな方法として、がんの老化と関連した様々な研究を進めている」とし、「今回の研究結果は、がん細胞の老化を利用したがん治療を一歩前進させるのに貢献できると考えている」と述べています。

今回の研究成果は「Nucleic Acids Research」に掲載されました。

(*1)スプライシング (splicing):DNAから写しとった遺伝情報の中から,不要な部分を取り除く分子的な編集作業。
(*2)翻訳:mRNAの情報に基づいて、タンパク質を合成する反応。
(*3)Argonaute2(AGO2) は、RNAi 経 路 に お い て、 標 的 mRNA へ の ガ イド 分 子 と な る siRNA や microRNA に結合し、標的 mRNA の認識、切断を行う RISC(RNA-induced silencing complex)の主 要コンポーネントとして同定されたタンパク質
(出所:韓国・聯合ニュース、2017年7月21日付け内容)
(参考:wikipedia、和光純製薬工業株式会社ホームページ資料)
www.takao.asia
にほんブログ村 ニュースブログ 科学ニュースへ

THEME:ものづくり | GENRE:ビジネス |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

お名前:
メール:
件名:
本文:

韓国伝統工芸
QRコード
QR